長所は短所、短所は長所

 

陰陽論という言葉がある通り、

物事には、必ず
「陰」と「陽」

が、存在しています。

 

物事に対して、常に
「表」と「裏」
が共存しており、

「良い」「悪い」
はありません。

 

大事なことは、
どう見るか、
どう受け取るか、
だと思います。

 
 

例えば、背がとても高い人は、

他人から見たら、
遠くが見渡せるし、
高いものも取れるし、
体型がスラッとして見えるし、
背が高くていいですよね、
と思えるでしょう。

しかし、本人からしたら、
いつも頭一つ飛び出ていて目立つし、
よく頭をぶつけるし、
洋服も既製品では短いし、
標準の背の高さになりたいと
思っているかもしれません。


 
 

つまり、長所は短所であり、
短所は長所でもあるということです。

物事に対して、
陰陽、表裏、
常に両面で見ていくことが大事です。

全ては、受け取り側の問題です。

 

Translate »